U Dictionary

[Word For Today] Fragile

Hey guys! Glad to see you again! Welcome to [Word For Today]! Today we are going to learn a new word: fragile. Translations of fragile in different languages: How is it used? 1. easily broken or damaged fragile china/glass/bones 2. delicate and often beautiful fragile beauty The woman’s fragile face broke into a smile. 3. weak […]

[Best Pick] The Ellen Show

Hi everyone! What’s up today? Welcome back to [Best Pick] again. START You must have heard or watched a famous American talk show — The Ellen Show. But do you know the segment — “Scares”? Yeah, it’s one of the most interesting segments of the talk show. You can see many celebrities being scared in different […]

[Grammar] “Everyday” Vs. “Every Day”

Hey guys! Welcome back to [Grammar]. START Have you ever been confused by some simple words or phrases that look similar but mean different? Such as “everyday” and “every day”, “everytime” and “every time”, “sometimes” and “some time”, etc… Let’s figure them out today! 1. “everyday” and “every day” “Everyday” is an adjective so it goes […]

[Grammar] “Prefer To Do” vs “Prefer Doing”

Hey guys! Welcome back to [Grammar]. Have you ever got confused with the use of “prefer”? This word means that you like one thing or person better than another or you choose one thing rather than something else because you like it better. Today I`m going to tell you some phrases to manege this word. […]

[ムービー]戦場記者、深い傷抱えなお

実在の従軍記者で、湾岸戦争やチェチェン紛争などを取材し続けたメリー・コルヴィン(ロザムンド・パイク)。戦場で左目を失う怪我(けが)を負いながらも、憑(つ)かれたように報道をし続けた彼女は、2012年にシリア内戦の取材中、砲弾を受けて死亡した。本作は幾度となく身の危険にさらされても、他の生き方を選ばず戦争報道に執着した彼女の人生を辿(たど)る。紛争地の描写も鬼気迫る緊張感に満ちている作品だ。 メリーは2001年、記者の入国を禁止されたスリランカの内戦地へ潜入。重傷を負いつつ報道を続けた彼女の姿勢は高く評価された。メリーはその後も拠点のイギリスに長く定住はせず、普段の生活ではPTSDに悩まされながらも、周囲の制止する忠告に耳を貸すことなく、何度も危険な戦乱地帯へと舞い戻る。 本作は戦争の悲惨さに加え、メリーの不安定な精神状態の物語がメインともなっている。恐怖と紙一重の生活で神経をすり減らしていくメリーの自己破壊的な振る舞い。ヘビースモーカーで、アルコール依存症一歩手前の飲み方をし、戦争のPTSDによって診療施設に入所しながらも、まだ紛争地帯へ戻ろうと考える。彼女は決して恐怖を感じないタフな人間ではなく、死への恐れで心をズタズタにさいなまれながらも、そこにしか生きている実感を感じ取ることが出来ないかのように、危険に身を投じていくのだ。 従軍記者のある種の狂気。守るべき家族がいたら二の足を踏むような現場に、事実を伝えたいという責任感から駆り立てられた、強さと脆(もろ)さが共存する戦場記者の姿が浮かび上がる。

[留学]カナダ留学のメリット・デメリット

世界で2番目に広い国土を誇るカナダは、洗練された都市とダイナミックな自然が調和した国です。英語とフランス語を公用語としているため、英語はもちろんのことフランス語も挑戦してみたいという方にもカナダ留学はオススメです。民族のモザイクと称されるほど多くの移民が暮らすこの国は、留学生にも大人気。多民族文化のおもしろさを体感してみませんか? まず、最初に挙げられるメリットは「平均的な英語」に触れられるということでしょう。この「平均的な英語」の定義は説明に窮しますが、アメリカ英語にもイギリス英語にも偏りすぎておらず、必然的に日本人には最も理解しやすい英語だと言えます。 当然のことながら、このことにより留学はより充実したものになります。授業の理解度、現地の人とのコミュニケーションなど、全ての面でプラスに働くのですから、満足度も高いものになります。 デメリットは、滞在場所の位置によって大きく変わりますが、その気候にあります。カナダは寒いと多くの人はわかっているようですが、実際に生活してみるとその寒さのレベルに驚きます。カナダは日本の26倍の国土があります。同じ国にいながら、日本では想像できない温度差があります。留学先を選ぶ際には自分の訪れる地域の気候は必ず留意すべきです。

[留学]オーストラリア留学のメリット・デメリット

オーストラリア留学の特徴は何と言っても、幅広い年齢層、興味、関心をお持ちの方に当てはまる種類豊富な留学スタイルがあること。小学生からシニアの方まで、十人十色の学習がオーストラリア留学では可能です。オーストラリア留学では、オーストラリアの主要都市にキャンパスを構え、語学コース、ビジネス英語、人気のインターンシップなど様々なコースを履修できます。 オーストラリアは留学生に非常に前向きな国です。留学生に一定水準の教育を提供することを保証する国家法があるくらいです。そのため、多くの国からの留学生と交流する機会も多いと言えます。 また、日本との時差が少ないことも大きなメリットです。留学中はどうしても日本の家族や学校と連絡を取り合わなければならない場面があります。特にこのような場合、時差の少なさは助けになります。 また、天気が良い日が多く、一日でも観光等を無駄にしたくない短期留学には特におすすめです。 デメリットとしては、広大な国土なうえにそれぞれの都市間が隣接しておらず、複数の都市を訪れることが難しいことです。例えば、先述したイギリスの場合、2週間も滞在すれば、たいていの人は、ロンドン、マンチェスター、リバプール、バース、オックスフォード・・・など複数の地域を訪問しています。しかし、オーストラリア留学者の場合はこのような経験をする機会は非常に少ないと言えます。

[留学]アメリカ留学のメリット・デメリット

毎年数百万人の学生がアメリカ留学をしています。アメリカ留学の魅力は多々ありますが、オープンで陽気なアメリカンとの交流や、東海岸から西海岸まで多面的な顔を持つ大都市など、アメリカ留学は一人ひとりの留学プランに応える渡航先です。 アメリカ留学の最大のメリットはその教育水準の高さです。イギリスの教育誌であるタイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)が毎年発表している世界大学ランキングでは、100以内に毎年30校程度の大学がランクインします。2016〜17年分の発表においては、日本の大学では東京大(39位)と京都大(91位)の2校のみのランクインとなっています。その歴然とした差が分かるのではないでしょうか。 また、多種多様な人種の人たちと交流できることも大きなメリットと言えるでしょう。このような様々な文化的なバックグラウンドを持った同年代の人間と交流できる環境はアメリカならではと言えます。 デメリットとしては、地域によっては非常にスラングの使用率が高いことがあげられます。これは実際にデータ等がなく、断言できず申し訳ないのですが、私の周囲のアメリカ留学体験者はこの件を高い確率で口にします。

[留学]イギリス留学のメリット・デメリット

海外留学協議会(JAOS)の発表では、2014年度に海外留学した日本人はおよそ65,000人でした。国別の内訳では、「アメリカ」25.5%、「オーストラリア」19.4%、「カナダ」14.4%、「イギリス」11.6%、となっており、やはりこの4か国が日本人にとっての人気留学先であることには今後も変わりなさそうです。 今回は、これら日本人に人気の留学先4か国を、私独自の視点と経験(残念ながらカナダへの渡航経験はありません)と留学経験者からの話を基に比較してみようと思います。 まずメリットとして挙げられるのは、長い歴史と文化を持つ国ならではの美しい街並み、そして、安定した経済が基盤となったインフラの整備です。Tube(テューブ)と呼ばれているロンドン地下鉄はその代表格です。また、double-deckerという名前で親しまれている赤色の二階建てバスも町のあらゆるところで見かけられます。 教育についても国中で非常に関心が高く、教育改革については、国政・地方選挙のたびに必ず争点として挙げられます。私もいくつかの学校を訪問しましたが、学校の設備などは日本と比べ物にならないほど充実しており、1クラスの人数も日本の半分くらいです。 また、イギリス留学中の意外と知られていない楽しみの一つが、比較的手軽にヨーロッパ諸国を訪問できるということです。ユーロスターという高速鉄道を利用すれば、フランス(パリ)やベルギー(ブリュッセル)まで2時間程度で移動可能です。 デメリットとしては、物価の高さがあげられます。特に目立つのが食費や文房具などの日常必需品の高さです。また、交通機関の運賃も非常に高いと言えます。このため、節約しようと心がけても出費がかさんでしまうことが多いようです。

[Best pick] The Marvelous Mrs. Maisel

Hello, time for [Best Pick] again! Today, I want to share with you a popular soap opera: The Marvelous Mrs. Maisel Let’s get started! The Marvelous Mrs. Maisel is an American period comedy-drama television series, created by Amy Sherman-Palladino, that premiered on March 17, 2017, on Prime Video. The two seasons have received a wide range of popularity and praise. The series […]

Scroll to Top