U Dictionary

[Word For Today] Massive

Hey guys! Welcome to [Word For Today]! Today we are going to learn “massive”. Translations of “massive” in different languages: How to use it? 1. very large, heavy and solid a massive rock the massive walls of the castle 2. extremely large or serious He suffered a massive heart attack. This massive investment indicates that […]

[ソーシャル]花嫁姿のリン・チーリン、大勢の市民詰め掛け祝福 台湾挙式はAKIRA提案

南部・台南市で17日、台湾の女優、リン・チーリンと音楽グループ、EXILE(エグザイル)のメンバー、AKIRA夫妻の結婚式が行われた。披露宴の会場である台南市美術館1号館の入口周辺には多くの市民が詰め掛け、2人が姿を現すと大きな歓声を上げて祝福した。 2人は午後、市内の祠堂で挙式した後、同館に移動。同館が会場となることはメディアで伝えられており、入口周辺には交通規制が敷かれた。大勢の市民や報道陣が待ち構える中、「2人は夕方、ドレスとスーツにそれぞれ身を包み、同館のバルコニーに登場。幸せそうな笑顔を見せ、手を振って人々の歓声に応えた。 2人は結婚式前に公開したコメントで、台南で挙式することはAKIRAの提案だったと説明。両親の出身地であり、チーリンの家族との思い出が詰まった場所で、双方の文化や風習をまたいだ結婚式を行うことに決めたという。 台南市美術館1号館は日本統治時代に警察署だった建物をリノベーションしたもので、会場として使用されたのは市定古跡と、その後方に新築された建物をつなぐスペース。会場のそばにある中庭には大きなガジュマルが植えられており、閑静な雰囲気をチーリンが気に入り、会場に選んだと一部で伝えられている。

[勉強法]使えるケースの多い「B of A」

そして「AのB」と言いたいときにもっとも汎用的な表し方なのが、③の「B of A」です。この表現を使っていれば、最初に挙げた例などを除けば、ほとんどの場合で不適切になることはないでしょう。 しかしデメリットとして、文が長くなってしまったり、priceにもhotelにも冠詞をつけなければならないので、冠詞が何かをその都度考えなければならないこと、それによってミスをしやすいことなどが挙げられます。 つまり、基本的には③の「B of A」を用いつつ、「AのB」が短い句であり、日本語で「〜の」と言わずに二語を連続させても違和感のないような場合であれば②「A B」を使い、Aが人の場合には①「A’s B」を使うというように、使い分けてみてもいいかもしれません。 基本だからこそしっかりと 「A’s B」と「B of A」など曖昧なままなんとなく使っている人も多かったのではないでしょうか。最初から完璧な英語を話す必要はありませんが、どうせなら正しい英語を使いたいですよね。 今回紹介した事は決して難しいことではなく、私たちが普段からなにげなく使っている英語表現の一つです。しかし、基本的なことだからこそしっかりと身につけて自分の英語に自信をつけましょう。

[勉強法]「B of A」「A’ B」「A B」の使い分けってできてる?

「AのB」を表す英語としては、先ほどの「B of A」だけでなく、「アポストロフィ+s」を使って「A’s B」としたり、名詞を羅列して「A B」とすることもできます。 文脈次第ではどれでも問題ない場合もありますが、それぞれに微妙なニュアンスの違いや用法の違いがあります。例えば「ホテルの料金」と言いたい場合、次の3つのパターンが考えられますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。 ① the hotel’s price    「A’s B」 ② the hotel price     「A B」 ③ the price of the hotel  「B of A」 強い所有を表す「A’s B」 まずこの3つの中で最も強い「所有感」を表すのは①の「A’s B」で、’sでつなぐことで、二つの名詞の間に強い結びつきが生まれます。しかし「所有」とは本来、人(命あるもの)によって生まれるものですから、今回のケースで使うのはふさわしくはありません。「A’s B」はTom’s toysやmy parents’ houseなどのように、「人や動物による所有(driverやcustomerなど)」を表す時に通常は用いられます。 名詞を形容詞化する「A B」 ②は名詞を羅列することで、「hotel→ホテルの」のように名詞を形容詞化する表現です。たとえば、school kidsといえば、「学童(学校教育を受けている子ども)」を意味するように、前に置かれた名詞の抽象的な「性質」を強く表すことになります。なので、the price of the hotel といえば特定のホテルの料金を表すのに比べ、the hotel priceという表現は、よりざっくりと「ホテル料金」と言いたいときに一番おすすめな表現になります。 日本語でも「商社マン」や「銀行マン」と聞くと、特定の商社や銀行に勤めている人というではなく、その職種の一般像をイメージしますが、それと同じようなニュアンスと捉えれば理解しやすいかと思います。 この表現は二つの名詞を一つの名詞として考えるので(複合名詞)、羅列する名詞が多い場合には適切ではありません。application form(申込用紙)やEurope technology conference(ヨーロッパ技術会議)のように通常2〜3つ、最大4つまでの名詞に使いましょう。

[勉強法]「B of A」の基本的な考え方を学ぶ

英語で所有関係を表したい時に、まず頭に思い浮かぶのは「B of A」という表現ではないでしょうか?しかし、この「of」という前置詞が「AのB」と言いたい時であればどんな状況でも使える言葉かといえば、けっしてそうではないということをご存知でしたか? たとえば英語で、明治大学の学生が「I’m a student at the University of Meiji」と自己紹介したとします。実はこれは正しい英語ではありません。しかし東京大学のことを「the University of Tokyo」と言うことはできます。また同じ「〜の…」を表すにも「A’ s B」と「アポストロフィ+s」を用いたり、「A B」と名詞を並べて表現する手段もあります。 その違いは何なのでしょうか。今回はそんな日本人があやふやに理解してしまっている「B of A」の正しい用法とその使い方を学んでいきましょう。 「名詞 of 名詞」(以下B of A)は英文にも英会話の中にも頻繁に出てきますが、「〜の…」が全てこの表現で正しいわけではありません。前述の「〜大学」を例に見ていきましょう。 例えばアメリカにあるカリフォルニア大学のことを、英語でthe University of Californiaと言いますが、これをそのまま真似して日本の私立大学である明治大学のことをthe University of Meijiと言うことは出来ません。他の慶応大学なども同様です。なぜなら前者と後者では、ものの性質が違うからです。 英語の「B of A」は「Bに対してAがもつ」という所有や所属といった関係を表します。Californiaはアメリカにある州の一つとして、また地球上の土地の一部を指す「物」として実在するのに対し、明治(Meiji)はそうではなく、ある時代概念につけられた「名前」に過ぎません。 つまり、「Bに対してAがもつ」という関係上、Aに「物」を入れることはできますが、そこにある概念の名前を入れてしまうと、また別のofの用法になってしまい、本来意図していた意味からねじれてしまいます。ofには「性質のof」としての用法があり、a man of culture 「教養のある人」、This castle is of historical importance.「このお城は歴史的に重要だ」のように、「of+抽象名詞→形容詞化する」という原則があります。 よって、具体的に「もの」として実在しない明治や慶応などを「B of A」という表現で用いると、明治が形容詞化され「明治な大学」のようなおかしな意味になってしまうのです。「B of A」の用法としては正しい例は以下の通り。 ・ the Constitution of Japan 日本国憲法 […]

[Word-ology] Con+Tain

Time for [Word-ology] again, a column making English learning easier!! Before today’s learning, let’s check the answers to the last episode. 🙂 Today, we are going to learn a widely-used and simple etymon, “tain” meaning “hold“. It has two variants, “tin” and “ten“. Now, let’s analyze the composition of “Contain“. The word consists of two […]

[ムービー]「ターミネーター」が2週連続で動員トップ

11月16日から17日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「ターミネーター:ニュー・フェイト」が2週連続で首位を獲得した。 【写真】「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」メインビジュアル (c)2019日本すみっコぐらし協会映画部 「ターミネーター2」の正統な続編として、シリーズの生みの親ジェームズ・キャメロンがプロデュースした本作。オリジナルキャストであるアーノルド・シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンがターミネーターT-800役とサラ・コナー役で出演している。公開2週目の16日と17日には、観客動員20万5317人、興行収入約2億9716万円を記録。累計興行収入は約13億4136万円となっている。 「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は2位に浮上。前週比150%の週末興行収入を上げ、累計で興収約4億509万円、動員33万4980人となった。「冴えない彼女の育てかた Fine」、「マレフィセント2」も前週より順位を上げている。初登場作品では、ジェラルド・バトラーが主演を務める「エンド・オブ」シリーズの最新作「エンド・オブ・ステイツ」が8位にランクインした。

[Listening] Real Alcohol Makes Real Men – Long Island Iced Tea

Hello, everyone! Welcome to [Listening]! Before today’s listening, let’s check the answers to the last episode. digital technology intellectural property executive In today`s listening, I`m going to introduce a famous spirit named Long Island Iced Tea. Click the button at the bottom of the screen to play the audio. Please fill in the blanks and leave your answers in […]

[Word For Today] Collaborate

Hey guys! Welcome to [Word For Today]! Today`s word is “collaborate”. Translations of “collaborate” in different languages: How to use it? 1. to work together with somebody in order to produce or achieve something. We have collaborated on many projects over the years.  She agreed to collaborate with him in writing her biography. Researchers around the […]

[ミュージック]テイラー・スウィフトに危機、「過去作」をライブで歌えない

テイラー・スウィフトは11月14日、彼女の過去の楽曲の原盤権を保有する音楽マネージャーのスクーター・ブラウンが、彼女が自身の旧作をライブで歌うことを妨害しているとして非難した。 スウィフトは11月24に開催のアメリカン・ミュージック・アワード(AMA)で、過去作のメドレーを披露する予定だった。しかし、ブラウンと彼女の旧所属レーベルの「ビッグマシン・レコード」CEOのスコット・ボーチェッタらが、彼女が最新アルバムの「Lover」以前に発表した全ての楽曲をライブで歌うことを、阻止しようとしているという。 ジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデ、カニエ・ウェストのマネージャーを務める音楽マネージャー、スクーター・ブラウンは彼のファンド「イサカ・ホールディングス」を通じ、ビッグマシン・レコードから今年6月、スウィフトの過去アルバムの原盤権を取得していた。 スウィフトは今年8月、彼女の過去作を全て再録音することで、楽曲の権利を取り戻すと宣言していた。ただし、再録音が許されるのは来年になってからという取り決めがあったという。 ブラウンとボーチェッタらは、スウィフトが今月のAMAで過去作をライブで披露し、録音した場合、契約違反になると主張している。さらに、彼らは近日、ネットフリックスで公開されるスウィフトのドキュメンタリー作品で、彼女の過去の楽曲の使用を許諾しない意向だという。 スウィフトによると、ブラウンらは過去作の使用を許可する交換条件として、スウィフトが過去作の再録音を中止し、今後一切この話題にふれないことを求めているという。 「横暴なやり口」とブラウンらを非難 スウィフトは「彼らは横暴なやり口で、シンガーに自分が書いた曲を歌うのをやめさせようとしている」とブラウンらを非難し、ファンたちに対し「あなたたちの思いを、スクーター・ブラウンとスコット・ボーチェッタに届けてほしい」と呼びかけた。 ツイッターでスウィフトはこう述べている。「彼らのメッセージははっきりしている。いい子にして口をつぐんでいろ。言うことを聞かないと罰を与えるぞ。……こんなのが許されていい訳がない。彼らは曲づくりに一切関わっていないんだから」 ブラウンが今年6月、ビッグマシンを約3億ドル(約326億円)で買収したと発表した後、スウィフトはタンブラーの投稿で、この買収が彼女にとって最悪のシナリオになったと述べていた。なぜならブラウンはかつてカニエ・ウェストに指示を与え、彼の楽曲「Famous」で「あのビッチを有名にしたのは俺だから」と歌わせていたからだ。 スウィフトは昨年11月にユニバーサル・ミュージック・グループと契約を締結し、彼女が15歳当時から所属していたビッグマシンを離れた。彼女によると、ビッグマシンのオーナーのボーチェッタは、スウィフトが曲の権利を保有することを許さず、新しいアルバムを1枚レコーディングする度に、1枚分のマスター音源を渡していたという。 彼女がユニバーサルと締結した契約では、作品の権利を彼女が保有できることになっている。

Scroll to Top