[スキル]「Goodbye」をやめましょう!挨拶表現(帰る編)

ご存知ですか?日常生活で「goodbye」を使う英語母語話者はほとんどいないです。それは「goodbye」は硬く、最後の別れを思われやすいので、日常生活に使うことを避けています。

しかし、日本では別れをつけるときに「goodbye」を使うという内容を乗せる教科書が多く、英語で別れをつけるときにそのまま「goodbye」を使う人も多いでしょう。こうした方に、帰るの挨拶をいくつかを紹介したいと思います。

1

  1. Bye  バイバイ

一番簡単な表現は「good」を抜いた「bye」です。

  • Bye guys!   (みんな、またね)
  • Bye Linda.   (リンダ、また明日)

また、もし相手に「今度も会いたいな」とアピールしたいなら「bye now」のほうをおすすめます!

2

  1. have a nice day  良い日を

「have a good one」(良い日を)「have a good night」(良い夜を)など祝福を含める挨拶は幅広く使われています。例えば、友達とのチャットが終わったときに、「have a good day]と言いえば自然ですし、「丁寧」「礼儀正しい」など思われます。

3

  1. See you later  また後で

この表現はカジュアルの場面でよく使います。

中島:Hey mike, you will go to the party, do you?

マイク、パーティー来るよね?

マイク:sure, I am to have my clothing dressed.

もちろん、ちょっと着替えて来るよ。

中島:OK, see you later

オッケー、また後で。

4

 

  1. I gotta go  行かなくちゃ

この表現は「I have to go」と意味していて、カジュアルの場面はよく使いますが、正式な場面で使わないです。

(居酒屋で食事 10:30pm)

はなこ:Sorry, guys. My dad asked me to come back home before 11pm. So I gotta go.

皆、ごめんね。 11時までに帰ってなってお父さんに言われたから、また今度ね/行かなくちゃ

マイク: Don’t mind.

 

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top