[スキル]縁の下の力持ちパンクチュエーションの効果

みなさんは英語で「句読点」を意味する文法用語「Punctuation(パンクチュエーション)」を耳にしたことがありますか?アウトプットがあまり要求されない受験英語では、特に意識することがなかったかもしれませんが、 句読点は読み書きをする上で非常に大切な役割を果たしています。この記事では重要さの割にあまり知られていない英語のパンクチュエーションの基本、カンマの使い方についてご紹介します。

punctuation_02
試しに、以下の文章を読んでみてください。

As well as having banned people coming from seven countries to the US President Donald Trump is going to build a wall between the US and Mexico which deters unauthorised immigration and he says we will work on an impenetrable physical tall powerful beautiful southern border wall between the US and Mexico

英語に自信がある人でも、理解するには何回か読み直さないと難しいかもしれません。では、この文章でパンクチュエーションを正しく使うとどうなるでしょうか?

As well as having banned people coming from seven countries to the US, President Donald Trump is going to build a wall between the US and Mexico, which deters unauthorised immigration. He says: “We will work on an impenetrable, physical, tall, powerful, beautiful southern border wall.”
(7カ国からくる人々の入国を禁止するだけでなく、トランプ大統領は、認可のない移民の流入を防ぐために、アメリカとメキシコの国境に壁の建設をしようとしています。彼は、「強固で物理的、そして高く力強く、かつ美しい壁を南の国境を作ります」と言っています)

いかがでしょうか。パンクチュエーションが入るだけで、文章が整理されて、格段に読みやすくなったのではないでしょうか。

このように、カンマやピリオド(フルストップ)、コロンなどは文章を非常に明確でわかりやすくする役割を担っています。普段よく使われるパンクチュエーションと言えば、カンマ、コロン、セミコロンでしょうか。今日はカンマについてご紹介しますが、コロンとセミコロンについても簡単に確認しておきましょう。

パンクチュエーションは、その役割を知り、正しく使うことで英語への理解を助け、さらに深めてくれます。覚えなければいけないことが多いのは少し面倒ですが、少し意識するだけで、リーディング、ライティングがずいぶんと楽になるでしょう。

パンクチュエーションを普段から意識して使っていれば、自然とどこにカンマを入れるべきなのか、感覚としてわかるようになります。カンマをはじめとするパンクチュエーションを正しく使いこなせれば、英語がスラスラ読める、英文を書くときに意味や意図を伝えやすくなるという目に見える結果が出てくるはずです。

.png

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top