[スキル]普段のメールで使える基本的なルール

日本語に「 」(かぎかっこ)や「。」(マル)の使い方の決まりがあるように、英語にも“ ”(ダブルクォーテーション)や「.」(ピリオド)などを使うときのルールがあり、これは例えばMLA(Modern Language Association)といったスタイルガイドにまとめられています。正しい英文の書き方を覚えて、ネイティブから一目置かれる存在になりましょう。

微信截图_20191017114316.jpg

英語のメールや書類を書くとき、普段見ている英語をなんとなくまねしながら書いていたりしませんか?実は、「本来はこう書くべき」という細かい決まりがあります。基本的なものをおさらいしてみましょう。

「?」や「!」の前にスペースは入れない

What do you think?
(どう思いますか?)

“What do you think ?”のように、「?」の前にスペースを入れている人をよく見かけますが、「?」や「!」の前のスペースは不要です。ちなみに、ピリオドの前ももちろんスペースなしで、ピリオドの後は1スペース。2スペース空ける必要はありません。

× Thank you . I appreciate it.
〇 Thank you. I appreciate it.
(ありがとう。感謝します)

固有名詞は大文字で始めるが、前置詞・冠詞・接続詞は小文字

University of California
(カリフォルニア大学)
Gone with the Wind
(風と共に去りぬ)

「大文字」はuppercase letter / capital letter
「小文字」はlowercase letter / small letter

このように言います。固有名詞や本・映画のタイトルでは、単語を大文字で書き始めますが、前置詞・冠詞・接続詞は小文字になります。

× University Of California
× Gone With The Wind

ただし、一番初めに前置詞・冠詞・接続詞が来たときは、大文字にします。

〇 A Whole New World
(ホール・ニュー・ワールド)

タイトルはイタリックにするか“ ”(ダブルクォーテーション)で囲む

I went to see the movie“Aladdin”yesterday.
(昨日、映画『アラジン』を見に行きました)

本や映画のタイトルを文中に入れるときは、紙の新聞や雑誌ではイタリック(斜字体)になっていますが、メールなどイタリックが使えないときは、“ ”で囲んでおきましょう。ちなみに“ ”は「~が『×××』と言った」と人の話し言葉を表すときや、何かを強調したいときにも使います。

〇“That’s what I thought,” he said.
(「私はそう思った」と、彼は言いました)
〇 “Fromage” means “cheese” in English.
(「フロマージュ」とは、英語で「チーズ」という意味です)

「.」(ピリオド)や「,」(コンマ)は、“ ”の中に入れる

〇 It says, ”Keep off the grass.”
△ It says, ”Keep off the grass”.
(「芝生に入るな」と書いてあります)

アメリカ英語では、基本的に“ ”の中に入れます。イギリス英語では、外に出すのがよいとされているようです。アメリカ英語を基準として書いているのであれば、中に入れておくとよいでしょう。アメリカ式とイギリス式を混ぜてしまうのは避けたいところです。

.png

 

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top