[スキル]「Long time no see」だけじゃない!

久々に会った友人に、「久しぶり!」と言いたい時、ありますよね。そんな時、「Long time no see」という表現が真っ先に出てくるのではないでしょうか。もちろん間違いではないのですが、ネイティブが好んで使う表現は他にもたくさんあります。また、「久しぶりに電話で話した」「久しぶりに食べた」など、「会う」以外の行動につく「久しぶり」についても合わせてご紹介したいと思います。

Long time no seeに代わる「久しぶり」の英語表現

「久しぶり」という表現で真っ先に口から出てくるのは「Long time no see」ではないでしょうか。しかし実際はネイティブがよく使う表現は「Long time no see」以外にも沢山あります。まずはそんなネイティブがよく使うナチュラルな表現をマスターしていきましょう!

カジュアルな「久しぶり」:「It’s been ages」

It’s been ages! How have you been?
(すっごい久しぶり!どうしてたの?)

解説:「Age」は「時代」の意味で、直訳すると「何時代かぶりだね」という少し大げさな表現ですが、ネイティブの間では友人や知人間でよく使われます。似たカジュアルな表現で「It’s been a while.(しばらくだね)」や「It’s been a long time.(久しぶりだね)」というものもありますが、「It’s been ages.」はその中でも最も「久々感」を誇張した言い方で、「ages」の部分を特に強調して発音します。また、「How have you been?(どうしてたの?)」も久々に会った人との会話ではよく使われる便利な表現ですので、セットで覚えましょう!

丁寧な「久しぶり」:「I haven’t seen you for a long time.」

I haven’t seen you for a long time. You haven’t changed much.
(お久しぶりです。お変わりないですね。)

解説:目上の人やビジネスの場で使う「久しぶり」は、「I haven’t seen you for a long time.」のような、英文として簡略化していない文章が適しています。「It’s pleasure to see you after such a long time.(久々にお会いできて嬉しいです。)」なども同様に丁寧な表現として使えるフレーズです。「You haven’t changed much.」は「(相変わらず)若々しい」と、相手が歳を重ねても老けていない事を表す褒め言葉ですので、久々に会う人にはお勧めの良い表現です。

久々に会えた喜びを表現する:「Good to see you again!」

If it isn’t you, Keiko! Good to see you again!
(あなた、けいこじゃない!久々に会えて嬉しいわ!)

解説:久々に会った友人などに再会の喜びを伝える表現です。同じような表現に「So nice to see you again!(久々に会えて嬉しいよ!)」などもあります。「If it isn’t 〜」は「あれ〜じゃないか」という意味で、顔見知りの人などを見かけた際に使える表現です。「If it isn’s Mat!(あれマットじゃない!)」などという風にも使えますよ。

「〜年ぶり!」を表現する:「for the first time in 〜 years」

This is for the first time in 10 years to see, isn’t it?
(会うのは十年ぶりじゃない?)

解説:「久しぶり」という代わりに、「〜年ぶりだね!」ということもあるでしょう。そんなときに便利な表現です。「〜 years」の部分を「〜 months(〜ヶ月ぶり)」「〜 days(〜日ぶり)」と置き換えることもできますよ!

unnamed-file-3

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top