[アニメ]頂点に輝いたサトシ

アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』(Pokemon Sun & Moon)(テレビ東京系)で、主人公・サトシがついにリーグ優勝を果たし、国内外で大きな反響を呼んでいる。

EEbGHE-U8AAnu92.jpg

この日放送された第139話「誕生!アローラの覇者‼」では、アローラ地方で初の開催となる「アローラポケモンリーグ」(Arora Pokemon League)決勝戦まで駒を進めたサトシと、過去に何度も立ち向かい、一度も勝てなかった最強のライバル・グラジオとの最後の戦いが描かれた。

バトルは、サトシのメルメタル(Melmetal)がシルヴァディに破れ、次にサトシが繰り出したピカチュウがシルヴァディを倒して1対1の引き分けに。続くピカチュウとゾロアークの対戦では、ゾロアークの「むげんあんやへのいざない」にピカチュウが「ウルトラダッシュアタック」で果敢に立ち向かうも、ダブルノックアウトで互いに戦闘不能。勝負は残る1匹、ルガルガン同士の戦いへ。

サトシといえば、1997年のアニメシリーズ開始以来、リーグ優勝(League championship)“できない”ことが通例で、前作『XY&Z』でのカロスリーグミアレ大会での準優勝が最高成績。サトシのゲッコウガが対戦相手・アランのリザードンと密度の濃い激闘を繰り広げ、勝ってもおかしくない状況だっただけに、サトシのまさかの敗北に視聴者たちから批判の声が殺到。海外ファンの中には、手持ちのグッズに火を点けてしまうほどショックを受ける人の姿も見られた。

そんな背景もあるためか、ネット上では22年越しの優勝を喜ぶ声はもちろんあり、海外メディアでも大きく報じられるほどだが、「優勝したの!? えっ!?」「サトシってリーグ優勝できない特性持ちのマサラ人じゃなかったん?」と驚く声や、「XY期は手持ちも過去最強クラスだったし歴戦のトレーナー感があった」「ギャグネタサンムーンじゃなくてガチXYで優勝してほしかった」という批判の声も多く上がっている。

アニポケ新シリーズは、11月に発売されるゲーム『ソード・シールド』(Sword Shield)のガラル地方含む全タイトル&全地方が舞台となることが明かされている。「これ主人公変わるフラグじゃないよね?」といった懸念の声もあるように、20年以上続いたサトシの旅がこれからも続くのかどうか気になるところだ。

unnamed-file-3

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top