[勉強法]書き写すだけで何の意味があるの?

英語の表現力を上げたい! というのは、筆者を含めた英語を勉強する人の永遠の課題だと思います。
英語を読んだり聴いたりするだけでは、英語は使えるようになりません。やっぱり自分で発信してみないと定着しない…とはよく言われていますよね。

でも、自分で発信してみたとしても、その英語が合っているかどうかわからないですよね。直してくれる人もなかなかいませんから、下手をすると間違ったまま覚えてしまいます。

そこで今回は、筆者が実際に試している、ひたすら英語を「書き写す」勉強法を紹介します。コツコツタイプの方なら、きっとハマるはずです。

書き写し勉強法は、ただひたすら英語を書き写すだけの勉強法です。一見すると、なんだかあまり意味がないように見えます。ですが、これも大事な英語の基礎トレーニングの1つです。

「聞き流し勉強法」をご存知の方は多いと思いますが、「書き写し」もそれとよく似ています。聞き流しでは、わからなくてもいいからとにかく英語を耳に入れることが大事でした。書き写しも同じことで、とにかく手を動かして英語を書くことが大事です。この時、最初は英語の内容が理解できる必要はありません。とにかく手を動かすことが大切です。

書き写し勉強法で得られるメリットは、英語に慣れることです。毎日英語のニュースを書き写したら、確実に英語のニュースの文体や単語のスペルに慣れることができます。英語ニュースの文章そのものが、手を動かすことで体の中に蓄積されます。ただ英語を読むだけでは、体で覚えることはできません。手を動かすことで、「体で」英語を習得できるのです。

慣れてきたら、何となく「これが名詞」「これが動詞」と頭に思い浮かべながらやってみると、英文の構造が一気に頭に入ります。ご存知の通り、英語と日本語は単語の並べ方が大きく違います。実際に書きながら意識することで、読むだけよりも深く頭に入ります。

この表現は面白い! と思ったら、そこを軽く音読しながら書き写すのもポイントです。口と手を両方使うことで、一気に体が英語に慣れてきます。負担はすこし大きくなりますが、面白い部分だけ訳しながら読むのもよいです。昔仏教を学ぶ人は、「写経」でお経を理解しました。書き写し勉強法は、それをライトにしたイメージです。

I think that this flower is beautiful.

こんなかんたんな文でも、訳しながら書き写すと新鮮です。

「私、思う……接続詞のthatはパスして、この花、きれい」

こんな風に、普段は読み飛ばしてしまうような接続詞も、書き写すというステップがあるおかげで少し考えるようになります。

書き写し勉強法をするうえで大事なのは、「自分がこんな文章を書けるようになりたい」ということをイメージして、その文章を書き写すことです。ビジネス文書が書きたければビジネス文書を、論文が書きたければ論文を書き写しましょう。

既にあるものを書き写すだけですから、むずかしい文章でも問題ありません。最初は意味が分からなくても大丈夫です。とにかく書き写すことで、少しずつ確実に英語になれることができます。

.png

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top