[留学]イギリス留学のメリット・デメリット

海外留学協議会(JAOS)の発表では、2014年度に海外留学した日本人はおよそ65,000人でした。国別の内訳では、「アメリカ」25.5%、「オーストラリア」19.4%、「カナダ」14.4%、「イギリス」11.6%、となっており、やはりこの4か国が日本人にとっての人気留学先であることには今後も変わりなさそうです。

photo-1513635269975-59663e0ac1ad.jpg

今回は、これら日本人に人気の留学先4か国を、私独自の視点と経験(残念ながらカナダへの渡航経験はありません)と留学経験者からの話を基に比較してみようと思います。

まずメリットとして挙げられるのは、長い歴史と文化を持つ国ならではの美しい街並み、そして、安定した経済が基盤となったインフラの整備です。Tube(テューブ)と呼ばれているロンドン地下鉄はその代表格です。また、double-deckerという名前で親しまれている赤色の二階建てバスも町のあらゆるところで見かけられます。

教育についても国中で非常に関心が高く、教育改革については、国政・地方選挙のたびに必ず争点として挙げられます。私もいくつかの学校を訪問しましたが、学校の設備などは日本と比べ物にならないほど充実しており、1クラスの人数も日本の半分くらいです。

また、イギリス留学中の意外と知られていない楽しみの一つが、比較的手軽にヨーロッパ諸国を訪問できるということです。ユーロスターという高速鉄道を利用すれば、フランス(パリ)やベルギー(ブリュッセル)まで2時間程度で移動可能です。

デメリットとしては、物価の高さがあげられます。特に目立つのが食費や文房具などの日常必需品の高さです。また、交通機関の運賃も非常に高いと言えます。このため、節約しようと心がけても出費がかさんでしまうことが多いようです。

社媒宣传图.png

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top