[勉強法]結果を出すため

スケジュールを立てても、それ通りに実行することができないという人も多いかもしれません。計画をしっかり実行して目標を達成するために、以下の4つのポイントを意識してみましょう。

iStock-520374378.jpg

(1)頻度が大事な勉強は、毎日同じ時間にスケジュールを入れて習慣化

単語暗記や英語ニュースのリーディングのような毎日繰り返しやるべき勉強は、同じ時間にスケジュールを入れて習慣化しましょう。習慣化してしまえば「やらないと気持ち悪い」という状態になって、計画を進めるのがラクになるはずです。

もし時間が不規則になってしまう場合は、「毎日同じ場所」でもOK。通勤電車やお昼休みの時に行くカフェなど、同じタイミングで繰り返しおこなうことが習慣化の秘訣です。

(2)成果を出すために、勉強予定は一気に詰め込まない

スケジュールを立てる時は「これからやるぞ!」という強い意志があるので、計画を詰め込みすぎることがあります。しかし、たくさんのことを一気に勉強しても、頭に残りづらいのが実情です。1日1時間勉強するとしたら、「単語と長文読解」ぐらいの予定にしておくのが良いでしょう。ページ数も無理して解き切るような量ではなく、復習までしかりできるぐらいの余裕がある量を設定しておきます。

問題集を終わらせることや数をこなすことが大事なのではなく、「目標達成のために何が最適か」という目線でスケジュールを立てましょう。

(3)進捗の確認と次の日のスケジュール確認は毎日する

1日の勉強が終わったら、「今日の計画はすべて達成できたか」と「明日はどんな計画になっているか」を必ず確認しましょう。今日達成できていないことがあるとしたら、明日の計画に組み込んでおくことも大事です。

次の日の計画を確認しておくことで、翌日「さて、今日は何から始めよう?」と考える手間を減らせます。進捗を毎日確認し、次に自分がやるべきことがクリアになっていれば、勉強時間を最大限有意義に使えるはずです。

.png

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top