[ムービー]映画人の虚実、優しく

クエンティン・タランティーノ監督が、1969年のハリウッド(Hollywood)を舞台に描く、虚実が入り交じった快作。本作の主人公の一人は、テレビ俳優(TV actor)としての人気に翳りが見え始めたため、映画の世界へ転身を図ろうとするリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)。もう一人はリックのスタントマンで、公私共々彼を支える良き友人のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)。この2人のとある数日間と遭遇する事件を描く。

リックの屋敷の隣に住むのは、ロマン・ポランスキー監督と妻で女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)。そしてリックやクリフが街や庭先で出くわすのは、チャールズ・マンソンが率いる狂信的なヒッピーの集団マンソン・ファミリーだ。実録事件に興味のある人にとっては、マンソン・ファミリーによるシャロン・テート殺害事件(Killing case)は有名だろう。ご存じない方は本作をご覧になる前に、この出来事のあらましは予習しておいた方がより映画が楽しめる。

微信截图_20190904154419.png

俳優という人気稼業ゆえに、気分の浮き沈みが激しいリックをディカプリオが好演している。自信喪失、あるいは芝居が上手(うま)く出来た感激の、どちらでもすぐ涙目になる情緒不安定さがチャーミングで笑いを誘う。一方、彼の面倒をかいがいしくみるクリフはどこか得体(えたい)のしれない不穏さと、肝の据わった強さの両面を持つキャラクターだ。そしてシャロンがふと気が向いて映画館に足を運ぶシーンは、まるで作り手からの祝福のような幸福感に満ちている。

_20190904154322

タランティーノらしいマニアックな映画への目配せだけでなく、俳優が演技をする行為の充実感を真っ向から捉えたシーンには胸を打たれる。自分の感情に振り回されるリックはいささか幼稚な人間ではあるけれども、演技に取り組む真摯(しんし)さはいじらしくさえある。本作は暴力的なシーンもあるものの、端々に優しい視線が溢れた映画である。相棒(Partner)へ、芝居(play)へ、旧友(old friend)へ、残酷な事件に巻き込まれた被害者たちへ。映画や虚構の物語の中で生きるもうひとつの人生という、現実を踏み越えていく思いやりに落涙してしまう作品だ。

社媒宣传图.png

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top