[スキル]英語が聴き取れないのはどうして?

英語の基礎になるのがリスニングです。TOEIC・TOEFLのようなテストではかならずリスニング問題が出てきます。実際の会話でも、相手のはなしが聴き取れなければ、スムーズにはなすことはむずかしいでしょう。英語を使うためには、リスニングの勉強はかならず必要です。

photo-1524646432175-d58115a8a854.jpg

ですが、文法や単語と違って、リスニングは学校では勉強しません。独学では手が付けにくい方もいると思います。そこで今回は、必ず成果が出るリスニングトレーニングを紹介します。そのカギは、実は発音トレーニングにあるのです。

発音訓練で英語の音を体にしみ込ませよう

短期間にリスニング力をアップするなら、発音のトレーニングが効果的です。「自分の口から出せない音は聴きとれない」と、語学の世界ではよく言われています。英語の音に親しむことで、リスニング力は何倍にもアップするのです。

「フォニックス」でアルファベットをマスター

発音練習の基礎になるのが「フォニックス」です。突然ですが、「A」というアルファベットを英語でどう発音するかわかりますか?「普通に”エー”じゃないの」と思われるかもしれませんが、正解は「エイ」です。「エー」という音は英語にはありません。このようなアルファベットの正確な読み方を、フォニックスとよびます。

今度は少し応用問題です。「bit」は、カタカナ発音なら「ビット」と読みます。1ビット・2ビットのビットですね。噛みつくという意味の「bite」はどうでしょうか。「bit」までは同じですから、「ビットエ」や「ビッテー」になりそうですよね?ですが、正解は「バイト」です。

英語はスペリングと読み方が対応しないとよく言われます。たしかに、ひらがなやカタカナの読み方が変わらない日本語に比べると、英語の読み方は複雑です。ですが、複雑といっても、ルールがないわけではありません。先ほどの「bite」の例で言えば、「子音と”子音+e”にはさまれた母音は、読み方が変わる」というルールにのっとっているのです。こういったルールも、フォニックスを勉強することで身につけることができます。

フォニックスには読みやすい参考書がいくつかあります。私が参考にしたのはジュミック今井『フォニックス<発音>トレーニングBOOK』明日香出版社です。

また、無料の動画でも練習することができます。この動画では、基礎から応用までのフォニックスをかんたんな英語で学べます。

まずはフォニックスを勉強して、英語の音に慣れましょう。

.png

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top