[ソーシャル]焼失免れた京アニ原画70枚

京アニ、頑張れ! 松江市田和山町の今井書店グループセンター店で、放火殺人事件で35人が犠牲になった京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」の原画展(Original painting exhibition)が開催されている。焼失を免れた約70枚の原画が並び、支援のための募金箱(Donation box)も置かれている。入場無料(free entrance)で写真撮影可。31日まで。

1

展示は、店内でCDなどを販売する「STUDIO WONDER」の玄関口で開かれている。京アニが手がけた「響け!ユーフォニアム」や「Free!」など5作品の原画や、京アニの監督らのメッセージパネルもある。

2

「STUDIO WONDER」の鈴木えり子店長(44)によると、今回の原画展は事件前から企画していた。原画は事件後に店に送られてきたといい、鈴木さんは「原画が送られてきた時は驚いた。放火された第1スタジオとは別の場所にあったために焼失を免れたのではないか」と話す。

3

事件を受け、原画展の開催は諦めていたというが、開催に当たり「京アニさんを一緒に応援できたら」と思い、レジ横に支援のための募金箱を置いた。

6

スマートフォンで写真を撮りながら原画を見ていた出雲市渡橋町の片寄梨子さん(24)は、展示してある5作品を全て見たという。「すごく細かく描いていて感動した。事件を聞いてとてもつらかったが、またこうやってきれいな絵のアニメを見せてほしい」と話した。

.png

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top