[スキル]便利な略語に挑戦してみよう!

論文などアカデミックライティングで使う略語

_20190812111246

論文や、硬い文章を書くときによく使う略語を見てみましょう。

et al. et alii その他の人たち(and others)
etc. et cetera その他のもの(and so on)

この2つは、硬い文章ではよく出てきます。どちらもラテン語からきたことばで、「その他」という意味です。筆者やものなどを「割愛」するときに使います。ただし、実際に読み上げるときには「エトアリー」「エトセトラ」とは読みません。ちょっと気取っている風に聴こえるからです。英語で言いかえて、「and others」「and so on」と読んだ方が、自然になります。

i.e. id est 即ち(that is)
cf. confer 比較せよ(compare)
e.g. exempli gratia 例えば(for example)

硬い書きことばで使われる略語は、ラテン語から来ているものが多くなります。「これは日常会話ではなく真面目なトピックだよ!」ということをはっきりさせたいとき、英語ではラテン語を使うようです。これらも、実際に読むときには英語読みにした方がいいと言われています。

カジュアルな略語

ラテン語の硬い略語と正反対に、カジュアルな使い方をするものもあります。ASAPや、lolなど、日本でも使われ始めたものも多く、みなさまも一度は目にしたことがあると思います。ここでは代表的なものをいくつかご紹介します。

2 to ~に
4 for ~に
B be be(なる・である)
U you あなた
2U to you あなたに
4U for you あなたへ
ASAP as soon as possible できるだけ早く
IMO In my Opinion 私の意見では
LOL Laughing out loud 大笑いする(w)
RIP rest in peace 安らかに眠れ
TIA Thanks in Advance 先にありがとうを言わせていただきます

数字の2や4は、発音が前置詞のtoやforと同じであることから、その代わりによく使われています。若者同士のチャットでは、youをUと書くことがとても多いです。

その他、日本語でも最近よく使われているASAPは、as soon as possibleの略語です。可能な限り早くという意味で使っています。

SNSでよく見かけるのはRIP(rest in peace)です。事故があったときなどに、追悼の気持ちを込めて「安らかにお眠りください」という意味で使います。

TIA(thanks in advance)は、前もってお礼をするという意味です。友達に頼みごとをするときなどによく使います。

このタイプの略語は、ネット上で主に使われています。新しいことばが出てくるのがかなり早く、うつりかわりを見ているだけでも楽しめます。

まとめ

略語の使い方は、学校や参考書ではなかなか習えません。ですが、生きた英語の中では、ごく自然に使われます。abbreviatiions.com のような略語の検索サイトも活用して、使いこなしていきましょう。

略語をマスターして、生きた英語を使いましょう!

.png

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top