[エンタメ]効果的な洋楽の聞き方

洋楽を英語学習に生かすためには、洋楽の選び方や聞き方を工夫すると効果的です。ここでは洋楽選びと効果的な洋楽の聞き方を紹介します。

图片2.png

効果的な曲選び

スラングの少ない曲を選ぶ
日本のポップミュージックでも、スラングが多く一般的には使われない日本語表現の歌詞がついているものや、日本語として意味が通じるとはいいきれない凝った表現の歌詞がついているものがあります。これは英語でも同様で、そのような洋楽は、かえって混乱するだけで、英語教材としてはあまり向いていないといえるでしょう。

歌詞がしっかりとした文章になっていて、日常会話レベルの単語が多く含まれている歌詞の曲が英語学習には理想的です。

スローテンポの曲を選ぶ(英語レベルに合わせる)
ラップなど話し口調の音でも、発音スピードが早すぎて、ネイティブですら聞き取れないことがあります。それは日本語でも同様ですよね。それと同じことです。

比較的ゆっくりとした洋楽が聞き取りやすく、初心者には特におすすめです。

ミュージックの静かな曲を選ぶ
バンドなど楽曲が賑やかな洋楽は、歌詞よりも音楽に気が散りやすいです。楽曲よりもボーカルがメインの曲が集中していくことができて、おすすめです。

自分の得意な学び方に合わせる(聴覚・視覚・体覚)

リスニングが苦手な人が、いきなり聞き取りから勉強するのはもちろん難しいこと。自分の苦手な部分は得意な分野でカバーしておきましょう。

  • 聴覚
    聴覚からのインプットで記憶に残りやすい人は、まず何も見ずに曲を集中して聞きましょう。自分の聞き取りやすい単語と、聞き取れなかった単語を明確にして、聞き取れなかった部分の単語はしっかりと後からチェックしましょう。
  • 曲の半分程度は自分で聞き取れるレベルが自分に合った洋楽とも言えます。1曲しっかりと頭に入ったら、次の曲に進むようにしましょう。
  • 視覚
    視覚からのインプットで記憶に残りやすい人は、まず歌詞を読むところからスタートしてみましょう。歌詞カードを見たり、歌詞をノートに全て書きうつすのもいいでしょう。
  • 体覚
    体を使って覚えるのが得意な人は、好きな曲をカラオケで歌ったり、友達と洋楽の歌詞について話すのもいいでしょう。お風呂に入っているときは洋楽を歌うようにするなど、場所と時間を決めて繰り返し洋楽を思い出す習慣をつけるといいでしょう。

聞き流さずに、しっかりと聞く

自分の得意分野から洋楽を聞くことで、聞き取れなかった洋楽も少しずつ聞き取れるようになってきます。特に日本人はRやLの発音を含む単語が苦手で、聞き取れなかった単語を集中して洋楽と一緒に聞くことで苦手意識がなく自然と頭に入ってくるようになります。

苦手な単語をそのままにせず、必ずチェックを入れてから次に進むようにしましょう。

アウトプットする

聴覚、視覚、体覚のどの入力が得意であっても、最終的には学んだことをアウトプットすることでしっかりとした記憶に定着します。聞き取りにくい部分は自分で発音してみる習慣をつけましょう。また、自分で歌える、自分で発音できるようになることで英語はより一段と聞き取りやすくなっていきます。

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top