[勉強法]自分の発音の癖や日頃の発音を見直してみよう

留学や海外出張の際にはもちろん、日本でも日常生活で英語を使わないといけないとき、単語の発音がうまくできなくて、聞き返されてしまう……という悩みを持つ方は多いことでしょう。自分の頭の中でイメージしている発音と、実際に喋ったときに出てくる発音が違うこともよくありますよね。

今回はそんな悩みを解決するために知っておくべき「発音の基礎」から、「発音方法のコツ」まで、今日からすぐに使えるテクニックをご紹介します。图片1.png

自分の発音の癖や日頃の発音を見直してみよう

発音を改善するための大事な一歩は、自分の発音の良くないところを把握することです。自分はどんな発音が苦手なのか、よく聞き返される単語やフレーズはどんなものがあるのかをしっかり把握して、課題解決をしましょう。

よく聞き返される単語はリストアップ

「この単語いつもうまく発音できなくて聞き返される…」という単語は随時メモを取ってリストアップをしましょう。これはスマホでもタブレットでもメモ帳でも構いません。自分が確認しやすい方法で日頃から記録をつけることはとても大事です。

このように単語をリストアップしていくと、数週間経てば単語の量も増えてくることでしょう。単語の量がある程度増えてきたところで、リストアップされた単語を見ると、自分が発音しにくい単語の傾向が見えてきませんか?

傾向が見えてきたところで、メモした単語を整理してみましょう。同じ発音記号を持つ単語がいくつありますか? RとLの発音の区別が付いていないものはありますか?発音しなくてもいいアルファベットが含まれている単語はいくつありますか?このようにしてリストアップした単語をいくつかのグループに分けてみましょう。

自分の発音と通じている発音の違いを考えてみよう

発音の苦手な単語のグループ化ができたら、実際に通じている発音と自分の発音はどこがどのように違うのかを注意深く観察してみましょう。実際に通じている発音とは、ネイティブスピーカーの発音でもいいですし、英語を母国語としない人の上手な発音でも構いません。

身近に英語を話す人がいたら、どんな風に発音するか教えてもらいましょう。または 「単語+pronunciation」の組み合わせで検索をしてみると、YouTubeなどのWebサイトでも発音の仕方を紹介する動画が出てきます。

発音の違いを確認したら、その違いについてもメモに残しましょう。このように自分の苦手なこと、課題となることをしっかり文字化して認識することはとても大事です。

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

One Comment

Scroll to Top