[勉強法]発音が難しくて伝わりにくい英語を実際に練習

以下のセクションでは、日本人がよく発音に苦しむポイントと単語を紹介します 。どのようにしたら発音しやすくなるのか、通じやすくなるのかに注目してみてください。

2

英語発音の最初の壁、「three」など「th」の発音

日常生活でよく出てくる「three」や「think」などについて、「th」がうまく発音できない……という方はとても多いことでしょう。この2つの単語の発音には、「θ」(シータ)という発音記号が含まれています。

θの発音はコツさえ覚えてしまえばとても簡単です。例えば、threeを発音すると仮定します。「th」を発音するときに、舌を軽く噛み(たくさん噛まないように注意です)、そして「ree」を発音する瞬間に舌を引きます。これでほぼ確実に通じるようになることでしょう。

「think」など他のθが発音記号で使われている単語も同じように発音すればOKです。

カタカナでの発音との関連性ゼロ!「croissant」

「croissant」はパンのクロワッサンのことです。カフェに行くと必ず置いてあって、コーヒーと一緒に注文したくなります。しかし「croissant」と言っても通じない…なんて経験をお持ちの方もいるかもしれません。

「croissant」も実は発音が簡単。難しく感じる方が多いのは、カタカナのせいかもしれません。カタカナの「クロワッサン」という読み方は一切忘れましょう。発音の仕方は、iとtを発音しないこと。これを意識してそのままアルファベットを読めば通じるようになります。

「L」と「R」の発音を一単語でマスター!「Gorilla」

3
日本人が苦手とする発音の代表格といえば、「L」と「R」の違いでしょう。この二つの音を正しく区別するために、日本人がまず意識しなくてはいけないのが、「L」も「R」も日本語の「ラ行」とは若干発音法が異なっているということ。

「ラリルレロ」と発音するとき、大抵の方は舌先が口の上側を軽く叩くような発音の仕方になっていると思いますが、実際の「R」の発音において大切なのが、舌先を口のどの部分にも触れないようにして、こもった音を作るということ。わかりやすくコツをつかむためにはまず、「う(w)」の音を作るために口先をすぼめた状態のまま、舌を口の中で軽く浮かせてみてください。その状態から「(w) ra」「(w)ri」「(w)ru」…と発音していくと、「R」の音にだんだんと近づいていくはずです。

一方、「L」は「R」とは真逆に、舌先を口の上側にしっかりとつけて、詰まった音を作ります。まずは、「da」「di」「du」……と「d」の音を発音するときに、舌先が当たる位置を意識してください。「L」の発音の練習の際には、その「d」の位置よりもひとつ奥側に舌を曲げて当てるイメージを持つとうまくいくはずです。

「Ra, Ri, Ru……」、「La, Li, Lu……」とそれぞれの発音を練習した後で、「Gorilla」という単語を発音してみてください。カタカナ読みで「ゴリラ」というよりも、だいぶネイティブに近い発音になっているはずですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?自分が苦手な単語やフレーズをしっかり意識し、発音のコツを覚えるだけで格段に発音しやすくなりますし、ネイティブスピーカーにも通じるようになるでしょう。

発音が上手になるための秘訣は、毎日練習をすることです。今回、この記事で紹介したことをもとにインターネットの動画、辞書、サイトなどを有効活用すれば費用も格安に抑えられて発音上達間違いなしです!また近くにネイティブスピーカーや英語を話せる人がいたらどんな風に聞こえるか教えてもらうのもいいでしょう。

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top