[ソーシャル]セブンペイ(7pay)終了で謝罪

_20190801164913

コンビニ(convenience store)最大手セブン―イレブンのスマートフォン決済(Smartphone payment)「7pay(セブンペイ)」の不正アクセス(Unauthorized access)問題で、セブン&アイ・ホールディングス(HD)は1日、セブンペイのサービスを9月末で終了すると発表した。開始から約3カ月という異例の短期での終了の理由として、登録(Registration)時の本人認証(Identity authentication)の不備、抜本的な安全対策(Safety measure)には相当の時間が必要なこと、さらに一連の不正問題(Fraud problem)で利用者に不安が広がったことをあげた。

 セブンペイは7月1日にサービスが始めたが、開始直後に第三者が不正アクセスし、利用者になりすましてログイン(Login)。利用者のクレジットカード(credit card)などから無断でチャージ(入金)し、セブン店舗で不正に電子たばこを大量に購入するといった被害が多発した。セブンHDは同4日に事実上、サービスを全面停止し、7月末時点の被害者は約800人、約3800万円にのぼっている。

 セブンHDは、不正アクセスを受けた原因について「複数端末(Multiple terminals)からのログインに対する対策」「2段階認証」の検討が十分ではなかったと認めた。システムの開発にあたってグループ各社が参加していたが、検証が十分ではなかったとした。この問題が発覚するに至ったガバナンス(企業統治)の問題点を検証するため、弁護士を中心とする検証チームを設置したという。

あなたは電子決済についてどう思うのか。

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top