[語源学習法]英語の単語量を増やそう!-pre+paid

英語の上達を目指す上で、必須となるのが単語力です。新しい単語を覚えてボキャブラリーを増やすと、表現力が身に付きますし、リーディングやリスニング力の向上にもつながります。

とはいうものの、知らない単語を1,000個、2,000個…と、ただひたすら機械的に暗記していくのは正直言って退屈で、大変ですよね。また、一度学んだ単語を定着させるには、復習する機会も必要となるため、忙しい合間を縫って学習時間を確保しなければならない社会人の場合は、学習の効率性も重視したいところです。

そこでご紹介したいのが「語源学習法」です。実は、単語の語源を知ることによって、効率的に単語をインプットすることができようになり、丸暗記型の学習にはない様々なメリットを得ることができるのです。

今回の記事では、ぜひとも知っておきたい語源の基礎知識を具体例とともにご紹介していきます。

パーツに分解して意味をつかむ「語源学習法」

「語源学習法」とは、英単語をパーツに分解し、そのパーツごとの意味から単語全体の意味をつかんでいくという学習方法です。

パーツとは、日本語でいうと漢字の偏(へん)や旁(つくり)、冠(かんむり)などに近く、その位置によって「接頭辞(Prefix)」と「接尾辞(Suffix)」、そして「語根(Root)」の3つに分類されます。

たとえば、“prepaid”という単語は、「pre+paid」と2つのパーツに分解できます。この“pre”は、「前もって、あらかじめ」という意味を持つ接頭辞、そして“paid”は「支払った、払われる」を意味する語根であり、これらが組み合わさって「前払いの・前納の」という意味になるのです。

图片1.png

また、もうひとつ例をご紹介すると“unemployment(失業)”という単語の場合は、まずは大きく「un+employ+ment」という3つのパーツに分解することができます。最初の“un”は「反対に、無、〜でない」という接頭辞、最後の“ment”は結果・状態・動作・手段などを表す名詞をつくる接尾辞です。そして、“employ”はさらに「em+ploy」というパーツから成り立っており、“em”は「〜の中に、内側へ」、“ploy”は「折る」という語根を持ち、「中に折り込む、包み込む」→「〜を雇用する・使用する」という意味となるのです。

图片2.png

つまり、これら全てを組み合わせて考えると、「無(=un)+雇用する(=employ)
+状態(=ment)」→「失業」という意味の名詞になります。

このような語源の知識を学んでおくと、さまざまなメリットを得ることができます。

語源学習法の3つのメリット

長年の英語指導歴を誇る清水健二氏は、その著書の中で次のような語源学習法のメリットを紹介しています。

・単語の長期的な保持が可能になる
・未知語の意味推測が可能になる
・単語の体系的・効率的な学習が可能になる
(清水健二『連想式にみるみる身につく語源で英単語』より)

特に、「未知語の意味推測が可能になる」という2つ目のポイントは、学習を進めていくうえで大きなメリットとなります。

これは、語源を知っていれば、知らない単語に出会ったときにもその意味を推測することができるため、丸暗記せずとも語彙力を高めていくことが可能となるからです。実際、英語の上級者でも、膨大な量の単語を全て覚えているとは限らず、語源の知識を活用しておおまかな意味のみを記憶している場合も多いです。

では、実際に、語源の知識を活用してどのように単語量を増やしていくことができるのか、具体例を見てみましょう。

 

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top