[まとめ]選手が語る東京オリンピックあと1年

開幕(Opening)まであと1年。各種目の選手たちが2020年東京オリンピック(Olympic)(五輪)への思いを語った。

<サッカー>(Football)

  • ▼森保一・男子日本代表監督(Men’s Japan coach) あと1年しかないという思いだ。金メダル(gold medal)を取り、皆さんに笑顔になってもらいたい。団結して最後まで戦い抜く姿勢を見せたい。
  • ▼高倉麻子・女子日本代表監督(Women’s Japan coach) 金メダルを取れるように、頭と体をフル回転させていく。男女のサッカーが日本のスポーツを引っ張っていく存在になれるようにしたい。

<ソフトボール>(soft ball)

  • ▼宇津木麗華・日本代表監督 気持ちが落ち着かない自分がいる。1年後にどうやって勝つか。これから切り替えていかないといけない。
  • ▼山田恵里(日立) ソフトボールにとっては12年ぶりの五輪になる。金メダルは自分たちに与えられた使命だと思っている。

<テニス>(tennis)

  • ▼錦織圭(日清食品) 少しずつ気持ちも高まっている。(銅メダル(bronze medal)を獲得した)前回のリオデジャネイロ五輪よりいいメダルを取りたい。シングルスが最優先だが、男子ダブルスにも出たい。

<バドミントン>(badminton)

  • ▼奥原希望(太陽ホールディングス) 目の前の試合で自分らしくプレーすることだけに集中してやっている。それを継続した先に結果が付いてくる。
  • ▼永原和可那(北都銀行) まだ自分たちの納得のいく試合ができていない。この1年でしっかり自分たちのプレーを最後まで出して、結果が付いてきたらいい。

<フェンシング>(fencing)

  • ▼見延和靖(ネクサス) 世界選手権ではメダルを取れなかったが、五輪と相性が悪いわけではない。1年後に大きく取り上げられるように頑張る。

<ハンドボール>(handball)

  • ▼石立真悠子(三重バイオレットアイリス) 一日一日を積み重ねることで東京五輪にたどり着く。毎日ステップを踏みながら、自分たちの力を伸ばしたい。全てを懸けた1年にする。

<ラグビー>(rugby)

  • ▼中村知春(アルカス熊谷) 東京五輪が集大成として笑って終われるように、必死の覚悟を持って残り1年に臨んでいきたい。

<陸上>(track and field)

  • ▼大迫傑(ナイキ) まずは(9月15日の)五輪代表選考会。しっかりチャレンジしていきたい。
  • ▼設楽悠太(ホンダ) 頑張るしかない。普段通り生活していきたい。(9月15日の五輪代表選考会は)自信しかない。

<卓球>(Table tennis)

  • ▼張本智和(木下グループ) あっという間に来るんだという感じがする。時間がどんどんと迫ってくる。焦りすぎず、しっかり危機感は持ってやっていきたい。自分の理想の結果になるような五輪が一番。全力でメダルを取りにいきたい。
  • ▼伊藤美誠(スターツ) 日本の(代表)争いは五輪で優勝するよりも熾烈(しれつ)だと思っている。リオデジャネイロ五輪の時は団体に出られるだけでうれしかった。今回はシングルスで優勝を目指している。目の前の試合をやり切り、優勝につなげていきたい。

<カヌー>(Canoe)

  • ▼スラローム・羽根田卓也(ミキハウス) 日本初の素晴らしい(人工)カヌーコースもでき、カヌー熱が盛り上がっている。そういう声や気持ちに精いっぱい応えることができたらなと思う。

<柔道>(judo)

  • ▼井上康生・男子日本代表監督 東京五輪に向け、全階級ともまだまだ誰が代表になるか分からない状況だ。(時間が)もう残り少なくなってきているので、1日1日をどれだけ大事に過ごしていけるかがとても重要になってくる。気を引き締めて頑張っていきたい。
  • ▼ベイカー茉秋(日本中央競馬会) リオデジャネイロ五輪の力を超えれば絶対に負けない。東京出身なので思うところもある。

<体操>(Gymnastics)

  • ▼谷川翔(順大) 五輪まであと1年で、できることは限られている。6種目全部でミスしないと(周囲に)思われるレベルになりたい。

<競泳>(Competitive swimming)

  • ▼渡辺一平(トヨタ自動車) もうあと1年しかない。この1年間、無駄に過ごしている時間はない。ライバルに負けない強化をしっかりやっていきたい。

<アーティスティックスイミング>(Artistic swimming)

  • ▼乾友紀子(井村ク) 時間は限られているが、やり残したことがないようにしたい。まだ成長できるところはたくさんある。まだまだ上を目指していける。

<飛び込み>(diving)

  • ▼寺内健(ミキハウス) 早い段階で出場を決めることができたが、これで終わりではない。今までで一番の結果を求めて、この1年間過ごしていきたい。

<ゴルフ>(Golf)

  • ▼今平周吾 まだ(五輪ランキングが)変わってくると思うが、今年の感じでいけばチャンスはあるんじゃないのかなと思う。
  • ▼鈴木愛 出るだけではなくて、いい成績を残したいと思っている。出ることを前提で調子を上げていきたい。改造前だけど、ジュニアで回っていて知っているコース。他の国の選手より有利。

<バレーボール>(volleyball)

  • ▼石川祐希(パドバ) 五輪で試合ができるのはすごく楽しみで幸せなこと。時間はあるようでない。最高の準備をして、不安なく自信を持って戦える気持ちをつくって臨みたい。

<スポーツクライミング>(Sports climbing)

  • ▼楢崎智亜(TEAM au) 五輪が迫っているなと感じる。一番大きな舞台で自分が一番強いと証明したい。
  • ▼野口啓代(TEAM au) 五輪で一番いいパフォーマンスをすることがゴール。五輪につながるように(調子を)上げていけたら。

<レスリング>(wrestling)

  • ▼レスリング・土性沙羅(東新住建) もう1年か。(金メダルを取った)リオデジャネイロ五輪から早かった。最後は自分が笑っていられるように頑張りたい。

あなたは東京オリンピックに何か言いたいことはないか?ぜひシェアしてください。

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top