[トライ]TwitterやInstagramで気になる投稿を発見!-1

FacebookやTwitter、海外のブログなどを英語で読んでいて、「コメントしてみたいけれど、自分の英語で大丈夫?」とためらったことがある方は多いのではないでしょうか。しかし、コメントに使う表現は、意外にシンプルなもので大丈夫。覚えておくと便利なものをご紹介します!

photo-1551817958-20204d6ab212.jpg

コメントを送るときの英語フレーズ

単にLike(いいね)ボタンを押すだけでなく、何かひとこと言ってあげたいと思ったときは、次のような表現を使ってみましょう。

  • ▼ほめる
  • Cool!(すごいね!)
    Good idea!(いいアイデア!)
    I like it.(気に入った)
    So helpful.(とても役に立つ)

coolは「カッコいい」というだけでなく、「すごい」という意味でよく使われる表現。Great!と言ってもOKです。

  • ▼悪いこと/悲しいことに共感する
  • That’s terrible!(ひどいね)
    I feel the same.(私もそう思います)
    It happens.(そういうこともあるよ)
    Sorry to hear that.(それは残念/気の毒ですね)
    That’s a pity.(それは残念/かわいそう)

It happens.は直訳すると「それが起こる」ですが、「そういうことも起こりうる、起こっても仕方がない」といったニュアンス。sorryは「(自分が)残念に思う」ということで、大事なものをなくした、事故にあったといったときはSorry to hear that.が使えます。pityは元々「哀れみ」という意味で、試験に失敗してかわいそう、恋人にふられてかわいそう、いったときにThat’s a pity. が使えるでしょう。

  • ▼反感を示す
  • I don’t think so.(そうは思わないな)
    You shouldn’t say that.(そんなことを言うべきじゃないよ)
    Don’t be kidding.(ふざけないで)
    Who cares?(誰も気にしないよ)

このkidは「冗談を言う」という意味の動詞で、You must be kidding.で「あなたは冗談を言っているに違いない=冗談を言っているんでしょう?」という意味になります。Who cares? は「誰が気にするだろう=誰も気にしない」ということ。ネイティブのコメントにはDamn it!(チクショウ!)のような口語もよくありますが、読んで不快に思う人もいるかもしれないので、慣れないうちは、いわゆる俗語には手を出さないほうが賢明です。

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top