[勉強法]「英語で日記」の始め方-3

photo-1432821596592-e2c18b78144f.jpg

「アウトプットを意識したインプット」が大切

繰り返しになりますが「英語で日記」の目的は英語力のUPです。さらに言えば、アウトプットできる表現を増やすことにあります。
よくある失敗は、自分の使える表現だけで書こうとしてしまうものです。結果はこんな感じになります。

  • I was tired.(今日は疲れた。)
    It was hot today, too.(今日も暑かった。)
    ・・・。

毎日この繰り返しでは英語力のUPは期待できません。そもそも面白さがなくなり、挫折してしまいまうでしょう。アウトプットできる表現を増やす上で大切なことは「アウトプットを意識したインプット」です。
「英語で日記」に焦点を当てた書籍を利用するのもいいでしょう。また、リスニングやリーディングの学習中に「使えそうだな・・・」と思った時はそれらをメモしておき、意識的に日記の中で使っていくことも有効的です。このような「アウトプットを意識したインプット」は英語学習そのものの質を高めてくれます。

「英語で日記」を続けるために

「英語で日記」を挫折しないためのいくつかのポイントです。参考にしてみてください。

  • 〇一文一文をできるだけ長くする。(短い文だとどうしても単調になりがちです)
    〇「英作文は英借文」を徹底する。(つまり、インプットの徹底です)
    〇「~でした」など過去のことだけでなく、自分の気持ちや予定も入れる。
    I am looking forward to eating out with my sister tomorrow.
    (明日、妹と外食できるのが楽しみだ。)
    I will have to make more efforts to make my presentation more appealing.
    (プレゼンを良くするためにもっと努力しよう。)

ぜひ、「英語で日記」で英語力UPを目指してみてください。

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top