[活用法]今年こそ始めよう! 英語手帳・英語日記のすすめ-1

「英語で手帳や日記をつけると英語力が上がる」とよく言われていますが、今まできっかけがつかめなかった方、挑戦したものの3日坊主になってしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。

英語学習はダイエットと同じで、「ただ何となく」始めてもなかなか習慣化できないもの。しっかりした動機づけやタイミング、続けるための工夫が必要です。本記事では英語手帳・英語日記のメリットや、効果的に続けるためのアイディアをご紹介したいと思います。

2015年のスタートを機に、新しい手帳で、今年こそ始めてみませんか?

thought-2123971_1920.jpg

まずは目的とメリットを明確に!

英語で手帳や日記をつけるのは、単なる「趣味」や「自己満足」ではなく、「英会話本番に備えた予行練習(フレーズの引き出しづくり)」です。

たとえば以前の私は、「サービス残業する」「夜更かしする」「寝不足だ」「恋人と別れる」「合コンに行く」など、日常にまつわるフレーズがパッと英語で出てきませんでした。英検やTOEICなどの勉強をしているだけでは、こういった日常的な語彙が意外と欠落していることが多いのです。

そこで、日々の行動や出来事、気持ちや感想などを常に「英語ではどう言うんだろう?」と考えるクセをつけ、なるべくその都度調べて英作文しておきましょう。毎日少しずつでも長く続けると、自分の日常にまつわる語彙やフレーズが増え、英会話本番でとっさに自信を持って言えるようになります。

ぜひ「自分だけの日常会話フレーズ集」を作るつもりで取り組んでみてください。

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top