[活用法]ちょっとした悩みは英語で解決しよう!-1

英語は「言葉」なので、日常的に接する機会を最大限増やすことが上達のコツです。その方法の一つとしておすすめなのが、「日本語でググる(Googleで検索する)」代わりにGoogle(英語版)を使って英語で検索すること。

たとえば私は、ちょっとした悩みや問題があると、いつも日本語でググって解決策を探ります。おもに「食材名 レシピ」で検索したり、体が不調のときに「咳 長引く」「関節痛」などと症状を入力して検索したりすることが多いです。

ある日これを英語でやってみたところ、思わぬ効果がありました!

日本語でなくても解決できる問題は英語で検索してみよう

たとえば、目が冴えてしまって眠れない夜が続いたとしましょう。普段であれば「不眠」「夜眠れない」といったキーワードでググるのですが、代わりに「can’t sleep night」でGoogle検索してみます。

1

cause(原因)、cure、treatment(治療)、solution(解決策)、reason(理由)といった文字を含む記事がたくさんヒットし、興味をそそられますね。また、insomnia(不眠症)というやや上級の語彙も登場しています。

さらに、気になった記事を一つひとつ読んでいくと、「不眠」にまつわるフレーズに多数触れられます。下記は、記事中で見つけたフレーズの一部です。

  • struggle to get to sleep(なんとか寝ようと格闘する)
  • wake up in the middle of the night(真夜中に目が覚める)
  • lie awake for hours, anxiously watching the clock(落着きなく時計を眺めつつ、何時間も目が冴えたまま横たわっている)

「can’t sleep」からスタートして、ずいぶん表現の幅が広がりましたね。共感を覚えるフレーズもあるのではないでしょうか?「これは使える!」「なるほどこう言うのか」と思ったフレーズはすぐにメモするか、Twitterなどでつぶやいてストックしておきましょう。

英語で検索することのメリットは、解決策が得られるばかりか、自分の日常にまつわる語彙や言い回しが自然に増えていく点です。また、今まさに自分が知りたいトピックのため、あまり苦痛を伴わず、興味を持って、大量に英文を読めるのも大きなメリット。多少知らない単語があっても、「こういうことを言っているのかな」という予想もつきやすいですよね。

Look forward to your reply!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to Top